ritarock’s blog

プログラミングとか映画とか趣味とか

hexoとやらを試してみた

hexo

hexo.io

githubのアカウントあれば誰でもブログを公開できるとのことです ということで試してみました

まずはリポジトリ作成

[username].github.io というリポジトリを作成

hexoの準備

公式通りに hexoをグローバルにインストール

# npm install hexo-cli -g

以下のコマンドでディレクトリを作成します

# hexo init blog

作成されたディレクトリに移動して、モジュールをインストールします

# cd blog
# npm install

インストールできたら、以下のコマンドで起動します

# hexo server

http://localhost:4000/にアクセスすると雛形ができてます 簡単ですね

githubで公開

作成されたディレクトリ配下にあるconfig.ymlを弄ります config.ymlではサイトのタイトル等を変更することができます

deploy:
  type: git
  repo: https://github.com/[username]/[username].github.io.git
  branch: master

編集したら、以下のコマンドでデプロイ

hexo deploy -g

エラーがでました。 どうやら、hexo-deployer-gitというモジュールをインストールしないといけないようです。ってことでインストール

npm install hexo-deployer-git --save

改めてデプロイ

hexo deploy -g

https:[username].github.io/にアクセスすると先程http://localhost:4000/でみたページにアクセス出来ます

※ちなみに反映にそれなりに時間が掛かります

テーマの導入

hexo.io

こちらのサイトから気に入ったプラグインcloneします

例えば、こちらなら github.com READMEにあるようにコマンドを実行します

# git clone https://github.com/mkkhedawat/clexy themes/clexy
# git clone https://github.com/mkkhedawat/clexy themes/clexy
# yarn remove hexo-renderer-ejs
# yarn add hexo-renderer-jade
# yarn add hexo-prism-plugin

_config.ymlを編集

prism_plugin:
  mode: 'preprocess'    # realtime/preprocess
  theme: 'default'
  line_number: false    # default false
theme: clexy

デプロイ

hexo deploy -g

記事の投稿

以下のコマンドを実行

# hexo new post 新規ページ

source/post/新規ページ.mdが作成されているので弄ってpushすれば記事が投稿できます

以上です。

ところで、hexoってなんて読むんですかね・・・?